ただいま15にゃん!今日も我が家はねこがいっぱい! 柄も性格も生い立ちもバラエティ豊かなにゃんず達とのにぎやかな毎日。 只今、猫雑貨のお店開業準備中。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年04月19日 (木) | 編集 |
やっぱ、猫缶は「まぐろの王様 本まぐろ」よね。


DSC_0051 (500x380)

お腹いっぱいで、ご機嫌です。7番目のクウ♀です。パパは「かわいい、かわいい、子ブタのくうちゃん」と呼んでいます。(~_~;)

メイちゃんを保護した次の次の日に、パパが出勤時に当時住んでいた家の前で保護しました。よろよろと自転車置場から出てきて、パパの前でパタッと倒れたそうです。

多分最後の力を振り絞ってパパに助けを求めたのだと思います。

その姿は、片方の眼球が膨れ上がって飛び出していて、もう片方もグシャグシャ。ガリガリに痩せ細り、とっても小さかった。。(当時の写真はあまりにかわいそうで一枚もありません。)

すぐに動物病院に飛び込み、そのまま2週間入院となりました。

ホントにひどい状態だったようで、先生から「どうしますか(安楽死しますか)?」と尋ねられました。
「たとえ一命は取り留めても、左目は眼球摘出、右目も見えないと思います。」とも。。

「イヤイヤ、目が見えなかろうが、なんだろうが、この子には生きる権利があります。この世に生まれてきた以上、頑張って生きてもらいます。」とお返事しました。

クウちゃん、頑張りました。1日4回、3種類の点眼にもずっーと堪えて、グシャグシャだった方の目はちゃんと見えるようになりました。飛び出してしまった目は、委縮してすこし小さくなり、白濁してしまいましたが、私にはなんとなく見えているように思います。

衰弱しきっていた体は、あまりに過保護に育てすぎたせいか、小太り状態に。(^_^;)

猫風邪のせいで、いつも涙目、鼻水クシュクシュですが、甘えん坊の一番のママっ子です。


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。
良かったらポチッと応援してください。


ちょびヒゲの残念柄なんて呼ばないでよ!!









関連記事
スポンサーサイト
テーマ:猫と暮らす
ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。