ただいま15にゃん!今日も我が家はねこがいっぱい! 柄も性格も生い立ちもバラエティ豊かなにゃんず達とのにぎやかな毎日。 只今、猫雑貨のお店開業準備中。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年04月23日 (月) | 編集 |
休日の朝の旦那とアイ

ねえ、あなた、そろそろあの家政婦クビにしない?
DSC_0097 (500x370)

ええ!私クビですかぁ。。これでも一生懸命お世話させて頂いているですけど。。

アイはトモの兄妹でうちの2番目の女の子。トモと一緒に06年9月26日に千葉の愛護センターからやってきました。生後一ヶ月位でしたので、この8月で6歳になります。

私達は、その一か月半前に19歳の誕生日まであと一週間だった先代猫(旧マーちゃん)を突然失い、そのショックから立ち直れずにおりました。入院したその夜に容態が急変し、駆け付けた時にはすでに遅く、最期を看取ってやることも出来ませんでした。

あまりに急な出来ことで、私には何が起こっているか理解できず、その二、三日間のことは良く覚えていません。ただ人間て、あんまり泣きすぎると、頭が割れそうに痛くなって、気持ち悪くて吐いちゃんだなぁ。ということだけぼんやりと覚えています。

旧マーちゃんは三毛の女の子で、私が10代の頃からずーっと一緒で、お嫁に来た時も一緒に来ました。

旧マーちゃんのことは、またゆっくりとお話ししたいと思います。

私もひどく落ち込んでいたのですが、旦那もかなり寂しかったらしく、旧マーちゃんの四十九日が明けた頃に、愛護センターに三毛の子猫が保護されていないか問合せをしていたようです。

問合せをした二日後に愛護センターから、保健所より三毛と茶白の子猫の兄妹を保護したとの連絡があり、旦那は会社を早退し、途中でキャリーを買い、急いで迎えに行ったそうです。本当は三毛の子猫だけと思っていたようですが、三毛のそばで遊んでいる茶白の子猫を見たとたん、一目でノックアウトされたそうです。


その夜、玄関を開けると廊下の向こうから小さな小さな三毛の子猫が私を見つめていました。その後ろにはニコニコと笑っている旦那がおり、その後ろからまるで毛玉のような茶白の子猫がコロコロと飛び出してきました。私はその時の光景を一生忘れることはないでしょう。

毛玉のようだったアイ

blog_import_4f8abd400f68f.jpg

毛玉のようだったトモ

blog_import_4f8abd57b61de.png

その日からトモとアイはうちの子になりました。ノミ、ダニ、お腹に虫まで飼っていて一ヶ月以上通院しましたが、スクスクと大きくなりました。2ニャンとも大のパパっ子。

特にアイは旦那のことを自分の夫だと思っており、私のことは家政婦だと思っております。多分アイは自分のことを猫だと思っていません。


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。
良かったらポチッと応援してください。


だって、あの家政婦、食事の給仕もまともに出来ないのよ!!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:猫と暮らす
ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。